63mokko_top.jpg
POP-UP SHOP

1F area 01 + 店頭

63mokko/神田武蔵

木の眼鏡展 002

2021.5.19 wed. - 23 sun.

13:00〜20:00 ※最終日18時まで

63mokko_Image.jpg

63mokko主宰 神田武蔵氏の木製眼鏡の展示販売。

飛騨高山で木工技術を学んだ神田氏が、

1点1点ハンドメイドする木の眼鏡。

個々の木の魅力~樹種ごとに異なる肌さわり、

その木が持つ特性、時間と共に変わる色調~を最大限に活かして、

既成概念にとらわれない様々な手法で、

懐かしくも革新的な「身につける木のもの」をご提案。

今回の展示会では、およそ25型の眼鏡を展示し

30種の木の中から素材をお選びいただきます。

「63mokko」はロクサンモッコーと読みます。 63は神田武蔵氏の名前の語呂合わせ。主に木を用いて、自分が欲しいモノや使いたいモノを制作したことが活動の始まりです。 デザインは中性的に、若くなりすぎず、年寄りくさくならないように。飛騨高山で技術を学んだ神田武蔵氏つくる木の眼鏡は、「木を纏う」をコンセプトにずっと使い続けられる眼鏡をつくるブランドです。 ​ 1982 東京都小金井市生まれ 親の転勤で各地を転々と 2005 工学院大学 建築学科(日本建築を専攻)卒 木造住宅の構造設計 2011 森林たくみ塾 入塾 飛騨高山にて2年間修業 2013 63mokko 設立

Instagram.png

【新型コロナウイルス感染症対策として】

入場はマスク着用とさせていただき、入店時には手指のアルコール消毒をお願いしております。また『緊急事態宣言』発令中につきましては、同時に入店4名様までと人数の規制をさせていただきます。ほかSUT『感染対策』のガイドラインをご覧ください。