sekaiichi_Cover.jpg
Exhibition

2F area 01

​作 林木林/絵 庄野ナホコ/小さい書房

せかいいちのいちご 原画展

2019.11.6 wed - 11.16 sat.

小さい書房から出版された「せかいいちのいちご」は、原作が林木林(はやしきりん)さんで、絵は庄野ナホコさんです。誰もが経験したことのある贅沢なこころの変化を、美しいしろくまを通して伝えてくれる絵本です。細部までこだわったという背景の色が、しろくまをより美しく引き立たせています。今回、順番を待ってようやくSUTで、この美しい絵本の原画展が開催されることになりました。

◎絵本「せかいいちのいちご」ストーリー
ある時、北国で暮らす、美しいしろくまに一粒のいちごが届きました。しろくまはそのいちごの食べ方をあれこれ考えては、初めてのいちごに興奮しました。 次の年、またしろくまの元にいちごが届きます。 その次の年も、また次も・・・
いちごが当たり前になってしまったしろくま。 しろくまの贅沢なこころの変化は、誰もが経験したことがあること。
ふえると、へる。増えると、減る。
いちばん美味しかったいちごは・・・

関連イベント開催します。

せかいいちのいちご 読み聞かせの夜

2019.11.8 fri.

小さい書房は、‘ひとり出版社’です。

 

「ひとりで読んでも、子どもと読んでも」。

 

そういう本作りを目指しています。